女性ドクター

妊婦や妊娠に重要な葉酸は葉酸サプリで摂ろう

男性側の検査

男性医師

不妊治療において、女性側の検査やチェックも必要ですが、同じくパートナーである男性にもチェックを行なうことが重要です。男性側は精子検査を行なうことで、精子量や無精子症などの問題がないかをチェックすることができます。精子検査は不妊治療を主にする病院や泌尿器科の病院で行なうことができます。自宅でも搾精して行なうことが可能なので、精子検査キットを利用してチェックをする人もいます。自宅でできる精子検査のキットは8000円程度で購入ができます。ネット通販から購入ができるのでプライバシーや、人に知られたくない人でも購入ができます。方法は検尿カップのようなものに、精液を出し、それを希釈液で希釈したものを判別キットに垂らして確認します。失敗したら反応が出ないので、やり方や失敗で数値が異常ということはないです。まずは自宅でキットを使って確認をしてから病院に相談する人も多いようです。精子が作られない、少ない状態は、無精子症などの問題を起こしている恐れがあります。無精子症は造精機能に障害があるか、精子の通路を阻んでしまっていることで精子が出ない場合に起きます。どちらなのかは、病院で相談を行なって確認するのが重要です。それにより、不妊治療の対策が異なります。生活習慣でも起きるので、飲酒やタバコは不妊治療の間は控えたほうが良いでしょう。肥満傾向にある場合も、精子が正常に作られないことがあるので、健康的な生活を意識するのが大事です。気になる場合は、不妊治療をきっかけに生活習慣を見なおしてみてはいかがでしょうか。